介護の仕事とは

介護の仕事について

介護の仕事や介護施設の種別、介護の職種・職場について紹介します。

介護の仕事とは

介護の仕事について

 病気や障害があり日常生活を送るのが難しい人の支援を、専門知識・技術を生かして、個々の利用者のにあった介護サービスを行う仕事です。

 食事・排泄・入浴・着替えや移動など心身の状況に応じて日常生活を支援するとともに、一人ひとりの話をよく聞いて安心な生活を提供します。

 また、利用者はもちろんその家族の相談にのったり、介護の技術的なアドバイスも行います。

 仕事に就くには、経験、資格を問わない求人もありますが、多くは、訪問介護員(ホームヘルパー)2級以上の資格を必要とする場合が多くなりました。また、介護福祉系の専門学校や大学で学び、介護福祉士(国家資格)という資格をとって就職する場合が増えています。

新人職員の到達度を確認する「新人チェックシート」を紹介します
2011年4月26日
種別として、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム・ケアハウス、デイサービスセンター、ホームヘルパー事業所があります。
介護の仕事には色々な職種・職場があります
三大介護の基本のマニュアルです。
2008 社団法人 全国老施協21世紀塾が作成されました「新人教育プログラム」を掲載しますので、ご活用ください。